腰痛は運転手には避けられない病気?

職業で取る行動や姿勢がきっかけで、腰痛を患っている人はとても多くいらっしゃいます。
こうした職業病の腰痛の1つに、車の運転を長時間するドライバーの腰痛が挙げられます。

 

これはどちらかというと、男性に多く見られます。
ドライバーという職業自体が、男性の方が多いからです。
ドライバーにも色んな種類のドライバーがいます。

 

運転していない場合の待ち時間でも車に乗って客を待ち続けていることの多いタクシー運転手。
長距離を長い時間をかけてトラックで移動するトラックの運転手。
配達のドライバーもそうです。

 

タクシーの運転手以外は、同じ姿勢を続ける時間が長い上に、降りる度に荷物を上げ下ろししなければいけません。これは決して腰に良い行動とは言えません。

 

このような腰痛は、レントゲンなどに検査で異常が認められにくくあります。
疲労による慢性腰痛として片付けられることがほとんどのようです。

 

本人にとっては本当に深刻な問題ですが、慢性腰痛と診断されてしまっては病院で治療を受けることは難しくあります。
生活を改善してくださいと言われるだけになってしまいます。

 

仕事上の疲労は仕方ない。日常生活で改善する他ない

そう簡単に言っても、そう簡単に職業を変えることってできませんよね。
なので、まずは日常から、ストレッチや適度な運動で筋肉を鍛えることから始めてみましょう。

 

また十分な睡眠や休養をとることも、腰痛改善に大きな意味があります。

 

そもそも身体の内部の何かに問題があるわけではありません。
同じ姿勢が続いたり、身体を動かすことができない状態が続いたがために発生した腰痛です。

 

職業が関連してくると、日常のほとんどが腰痛の原因になるようなものです。
簡単に改善はできないでしょう。

 

たとえば、ストレッチや治療、温泉療法といった様々な緩和方法で一時的によくなっても、仕事に戻れば元どおりになります。
このように、何かをしても対処療法になってしまうのが一番大きな問題かもしれません。

 

職業は変えられないとして、他に腰痛の原因がないものか考えてみましょう。
例えば、普段家で過ごしている時の姿勢や、寝ている時の姿勢。
これは腰に負担のかかるものになっていないでしょうか?

 

一度姿勢のクセがついてしまうとなかなか抜けないものです。
意識して、腰に負担のかからない姿勢を取るようにしましょう。

 

寝ている時も同様です。
寝ている時の姿勢が腰に負担がかかる姿勢になっているというのは、よくある話です。

 

寝具を見直すなどして、職業以外の変えられる部分から少しずつ変えていきましょう。