ベッドよりも布団の方が腰痛改善向き

腰痛をで困っている人は、ベッドよりも布団がいいでしょう。

 

ベッドはそれなりに良い物を買わないといけません。安いマットレスは体が沈んでしまいます。

 

体が沈むと1箇所に体圧がかかってしまいます。体圧がかかっている部分の筋肉は、睡眠中に緩むはずが緊張状態のままになってしまい、硬くなってしまいます。

 

腰痛を持っている人は弱っている腰に負担がかかってしまい、悪化することにもつながります。

 

腰痛があるので布団はあげおろしがそれがツライ・・・という意見もあるでしょう。
しかし、わざわざあげおろししなくても、部屋の隅に置いておけば良いのではないでしょうか。

 

畳の上に布団を敷くと、より効果的です。
畳なら硬すぎたり、柔らかすぎたりすることがありません。

 

柔軟性と通気性に優れているので、夏は涼しく、冬は暖かいというメリットもあります。

 

ベッドでしか寝られないという人のために

今までずっとベッドを使ってきた人は、どうしても布団に変えることに抵抗感があるのでしょう。
その場合、マットレスの代用として、厚手の布団を使うことをおすすめします。

 

ベッドに直接布団を敷いて、マットレス代わりとして使ってみましょう。

 

普通の市販の布団を敷くと、薄すぎて使えないでしょう。体が痛いと思います。

 

しかし、厚手の布団であれば、マットレス代わりに使えます。

 

厚手の布団を使うことで、体が沈まず、上手に体圧を分散させて寝ることができます。