腰を冷やさない布団を選ぼう

腰痛を防ぐためには、腰を冷やさないことが大切です。
そして寝ている間に腰を冷やさないためには、暖かい布団を選ぶ必要がありますね。

 

掛け布団としては羽根布団が理想的ではないでしょうか。
軽くて暖かく、通気性もいいので夏でも使用できます。

 

それでは、敷き布団はどんなものを選べばいいでしょうか?

 

暑くて寝苦しい夏に、布団から転げ落ちて、目が覚めたら床で寝ていた・・・そんな経験はありませんか?

 

実はその原因は、敷布団にあります。
通気性の悪い敷き布団を使っていると、熱を逃がさないので、背中が熱くなりすぎてしまいます。結果、背中が暑くて何度も寝返りを打ち、床に転げ落ちてしまいます。

 

「寝相が悪いから仕方ない」という声もあるかもしれません。
しかし、その寝相が悪さが布団の影響である場合もあります。

 

ウレタンマットレスは腰を冷やす元になる

暑さで寝苦しく感じる人の多くは、ウレタンの敷布団を利用しています。
ウレタンはベッドのマットレスによく使用されています。
意識せずに買うと、かなりの確率でウレタンのマットレスに当たるのではないでしょうか。

 

ウレタンの敷布団に寝ているだけで、背中は熱帯夜になります。

 

人間は汗を寝ている間にコップ2杯分くらいのかくと言われています。実際そのぐらい汗をかいているのですが、ウレタンは吸水性が悪く、汗を吸ってくれません。

 

マットレスの裏にカビが生えているのを見たことがありませんか?

 

これは、吸水性、通気性が悪いがために、湿気がたまってしまい、カビが生えてしまっている状態です。

 

この状態だと、腰痛に関係なく健康に良くありませんね。

 

夏でも布団から転げ出てしまっては、腰を冷やす原因になります。

 

夏でも冬でも適度な温度の中で寝ること。このことが、腰を冷やさないためにとても大切なことなんです。

 

そのために、保温性にすぐれた掛け布団、吸収性に優れ、眠りやすく寝相が悪くならない敷き布団を選ぶことが重要なポイントなのです。