気持ちよさが実感できる布団

極厚で気持ちいい

 

 まずひとことでいうと気持ちいい!です。
 今までに味わったことがないような寝心地ですね。この雲のやすらぎを購入するまでは、羊毛の敷き布団を7年くらい使っていました、けっこう年季がはいってたので、せんべい布団に近いかんじでした。
 なので、この布団の分厚さにびっくりしましたが、まさにネーミングどおり、体が浮いているようなかんじです。
 とまあ、普通の感想はさておき、痛軽減にフォーカスした感想を書きますね。

 

 布団の詳細についてはこちらをごらんください。

管理人が使用中の、朝腰が痛くならない布団はコレ

 

 

寝返りは打ちやすいか

寝返りも打ちやすい

 

 寝返りが打てないと、姿勢が固まってしまい、腰痛にはよくないわけですが、寝返りは打ちやすいです。
 低反発素材っていうのがあるかと思いますが、あれは体が沈みますが、沈まない程度に軽く反発してくれます。
 実際には睡眠時にどれくらい寝返りが打ちやすいかは測っていませんが、朝起きたかんじとして、体が硬いというかんじはありませんでした。

 

体圧分散されてるか?

耐圧分散できている

 

 これはなかなか実感としては難しいですね。
 ちょっと寝ただけでは、腰に負担がかかっているかどうかなんてわからないと思います。

 

 サーモグラフィーでも見て、どこに負担がかかってるかをデジタル表示しないとわかりませんよね。
 これも、朝起きたかんじなんですが、腰にかかわらず、どこか体の1箇所がイタイというかんじはありませんでした。
 なので、分散されてるかな?

 

寝心地は?朝まで熟睡できる?

朝まで眠れる

 

 カバーをかけてしまうとわかりませんが、表面は突起がでてるんですね。これが体を面でささえて、体圧を分散させてるっていう根拠なんですが、突起は気になるものではなく、けっこう気持ちがいいです。
 布団全体としては、沈み込まないのに全体的に柔らかいという感触が全身に伝わってくるので、まあ妙な言い方をすれば、脳が喜ぶかんじです。

 

 私は畳の上に敷いて寝ていますが、厚みが17センチもあるので、十分フローリングにも敷けると思います。
 というか、むしろそういう使い方のほうが、普通の布団との比較ははっきりできると思いますね。

 

雲のやすらぎの商品詳細を見る

 

雲のやすらぎの欠点・収納が非常にしづらい

分厚い布団
 重さは軽いんですが、とにかくゴツイんです。まず一番最初に心配したのが、市販のカバーが入るのかということですが、案の定苦労しました。
 入るには入るんですが、もうイッパイイッパイですね。
 あと、これは想像しやすいと思うんですが、収納の面ではコンパクトではないです。なんせ厚みがありますから・・・。押し入れが狭い、せんべい布団しか入らないという家では難しいと思います。
 逆にいうと、これはマットレスがわりにもなりますので、ひきっぱなしにしておくという人にはピッタリだと思います。

 

朝の目覚めに違いを実感

 いいかんじです! 「いいかんじ」というのは、別に布団が治療してくれるわけではなのですが、、明らかに以前に使っていた布団よりは寝心地がいいです。
 4年も使っていると、コレが当たり前になってきましたが、たまにホテルなどで寝ると、自分の布団の寝心地の良さに気付かされます。・ 

 

 寝心地のいい布団で寝ると、夜寝るのが楽しみになります。
 フカフカなので、気持ちいいことは間違いなしです。
 値段は格安ではないですが、長持ちするそうですし、夜寝る時の楽しみをができる、しかも毎日味わえるということを考えると高い買い物ではなかったと思っています。

 

雲のやすらぎの購入ページを見る